安定した開業医の経営【成功のノウハウを身につける】

婦人

交渉からスタートまで

中国でビジネスをする場合、言葉や法の壁が立ちはだかります。中国輸入代行を利用すれば、窓口として顧客探しから本取引までサポートしてもらえます。中国輸入業者はそれぞれ都市や商品など得意とする分野が異なるので、自分の目的に合わせて選びましょう。

基本的な流れ

宅配コンサルタントではヒアリングと提案に基づくコンサルティングが受けられます。申し込みをすると現状の事業について説明をすることになり、それに基いて料理の種類や宅配のスキームなどの提案を受けられるのが通常の流れです。

病院運営の問題

白衣の人

市場動向を知る

以前、開業医は結婚したい相手の職業トップにランクインしており、医師であれば生活も豊かで一生安泰という生活が約束されるという考え方が持たれていました。しかしながら、近年、開業医の経営も厳しくなり、とくに整形や消化器関係のクリニックの経営が厳しくなる傾向があります。整形クリニックなどでは、どこも来院数が多いのですが、理学療法士や柔道整復師を雇いリハビリ対応をしていますが、人件費が非常に大きくなり、雇用にまつわる様々なコストが経営を圧迫します。内科系クリニックは、CTやMRIなどの検査機器を導入するのが当たり前で、医療機器導入コストが半端ではなく、技師も必要で看護師の人件費も過多となります。また、全国で落下傘開業状態となり、同じエリアで同じ科目の医院が開業を続け、患者獲得競争が激化しています。開業当時は流行っていても、開業3年目になると、近くの開業医院に患者を根こそぎ取られるということも珍しくは無くなってきました。開業を成功させるために様々なノウハウがありますが、次々と開院する現代で、開業時のノウハウも3年後には通用しません。ただ、開業後に順当な経営を行うのであれば、開業医そのものに要因があります。患者の多くは高齢者で、体力の低下で自身がなくなる年代で、医療に頼ることが多くなります。医師の対応が前向きで真摯な対応であれば患者は必ず寄ってきます。一方で、対応や言葉使いの悪い医師は、技術に関わらず、評判が悪くなり、経営を圧迫します。開業医の対応次第で経営が改善します。

トータルで支援

整骨院開業支援団体に入会すると、資金繰りから集客方法まで様々なアドバイスを受けることができます。資金繰りのサポートも行ってくれるので、整骨院を開業する際には入会しておくと、安定した経営が期待できます。